Archive for the ‘周辺機器’ Category

【Ubuntu18.04LTS】名刺印刷覚書

6月 14th, 2019 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

我が家の古いプリンター(CANON MP610)が、KOKUYOの名刺用紙に対応していることに気づいて、Ubuntuで印刷成功したので覚書。

LibreOfficeのWriterで原稿を作成。用紙サイズは名刺用紙どおり(9.10cm x 3.50cm)。余白は全部0にしても少しはプリンター余白ができるので、用紙一杯にレイアウトします。印刷の向きは横

LibreOfficeからではうまくいきませんでした。印刷サイズや向きが合わない。そこでPDFに出力。Paper Sizeに「Japanese Business Card」があります。下の図は「Foxit Reader」での設定画面。Ubuntu標準の「ドキュメントビューア」でも大丈夫でした。「Fit to Printer Margins」はチェックを外します。

これで印刷できるととてもうれしい。この名刺用紙が今では対応しているプリンターが少なくて、このプリンターでもWindowsのドライバーでは用紙サイズが設定できませんでした。それでも大量に印刷すると紙送りが辛くなるようで、印刷にずれや紙詰まりの頻度も高くなるので、まめに時々印刷した方が良さそうです。

CANON MP610

 

Tags:

【Ubuntu18.04】ディスプレイのグラデーションが汚かった件

4月 25th, 2019 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

先月あたりにマルチモニタに設定している2台のディスプレイ(Mitsubishi RDT223WLMとI-O Data )のうち、Mitsubishiのみグラデーションが汚いのに気づいた。接続ケーブルをHDMIからDVIやD-subに替えても同様で、ディスプレイ側の障害かと疑っていましたが、最近突然きれいになりました。Ubuntuのソフトウェアアップデートが結構多かった後良くなったような気もします。とりあえず記録。

グラフィックはIntel® UHD Graphics 630 (Coffeelake 3×8 GT2)

Tags:

【Ubuntu18.04】周辺機器動作確認

10月 8th, 2018 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

Ubuntu18.04での周辺機器動作確認。

カメラ:QuickCam Pro 9000
Bluetooth:PLANEX BT-Micro4
プリンター:Brother MFC-J997DN
NAS:QNAP TS231
NASにUSB接続したCanon MP610
マルチモニタ
どれも何の苦労も無く、あっさり繋がりました。むしろ考えすぎて色々探してしまいました。

Tags:

【Ubuntu16.04】QuickCam Pro 9000

7月 7th, 2018 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

Ubuntu上でGoogleの音声入力を鍛えようとマイクを探したら、LogicoolのQuickCam Pro 9000(M/N:V-UBM46)が未使用のまま見つかったのでレビューです。
ネットで確認すると、これは2009年の製品です。ユーザーの評価がめっちゃ良い。試しに取り付けると、何もしなくても認識して設定要らずでした。

メーカー名:Logicool
製品名:QuickCam Pro 9000
最大解像度:1600X1200
有効画素数:200
フレームレート:30

10年前の製品ですけど、Youtubeやツイキャスで配信もまったく問題無し。
最初にGoogleChromeがマイクやカメラの許可を求めてくるので、許可して再起動するときれいに映りました。

【Ubuntu16.04】Bluetoothイヤホンマイク接続成功!

11月 12th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

今までUbuntuのBluetooth設定に苦戦してきました。
キーボードは接続できたのですが、イヤホンマイクが繋がりません。
【Ubuntu14.04】Bluetoothは繋がるのか

偶然見つけた記事で、
Xubuntu 16.04 でブルートース ( Bluetooth ) デバイスのヘッドセットが使えるようになった。

を読んで、もしかしたら・・・と思い、前に断念したBluetoothアダプタを接続したところ・・・、

接続成功しました!!今までの苦労が嘘のようにスルッと繋がりました。


音はそんなに良いというほどでもありませんが、チャットしたり動画を見る分には充分です。

Tags:

【Ubuntu16.04】複合機 brother MFC-J997DN 設定

9月 10th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

brother MFC-J997DN7年前に購入したCanon Pixus MX870、しばらくUbuntuで印刷が途中で止まる(ドライバ関係の?)トラブルが続き、次の候補としてPC-FAX機能のあるものを探していました。
迷惑FAXを印刷せずに見るだけで削除したい。
できればFAXを印刷せずにパソコンに取り込みたい。
WindowsよりもUbuntuやMacで使いたい。
パソコンFAXソフトで「まいと〜く」は昔からありますが、それだと今のパソコンには内蔵されなくなったモデムを接続し、Windowsパソコンを常時起動しておかなくてはいけません。
インターネットFAXサービスもありますが、送信のみだったり、月額料金制だったりします。
7年前は結構印刷量もありましたし、印刷品質にも多少拘りがありました。
結果、その前に購入したcanon MP610の方がカラー印刷や写真印刷はきれいで、故障しても中古で同じ製品を購入して、NASにUSB接続してネットワークプリンタとして継続使用しています。
比較検討したのはEPSONですが、今回、悩んだ末にインク交換前に決めた製品がこれ。

brother MFC-J997DN
ブラザーは昔のMymioでは使っていなくてもクリーニングでインクがどんどん消耗すると評判が悪かったのですが、ひさびさにネットで情報収集するとUbuntu用ドライバの提供もあるので導入してみました。
結論から言うと大成功です。

印刷・スキャン機能は、Ubuntu、Mac、Windowsで問題無し。
受信FAXはパネルで内容を確認することもでき、メールに添付して自動送信もでき、Dropboxに転送も可能です。
これで出先でもFAX受信を確認することが出来ます。
スマホでの操作も可能。特にiPhone・iPadではアプリをインストールしなくても印刷ができます。
PCファックスの受信はWindowsしか対応していないのですが、受信したFAXのメール転送やDropboxに転送できるなら問題ありません。
前の複合機より少しサイズは小さくなりました。
給紙、インク交換も前面からできて便利です。

Ubuntu用のドライバは、brotherのサポートサイトよりダウンロード。
端末か、Ubuntuソフトウェアでインストール。
ネットワークスキャナの登録は端末から

brsaneconfig4 -a name=SCANNER model=MFC-J997DN ip=192.168.0.xxx

 

Tags:

【Ubuntu16.04】Fujitsu ScanSnap S1500Mで自炊

1月 3rd, 2017 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

SnapScan書物や文書のデジタル化をすべく自炊を始めましたが、Ubuntuでもできたらいいなと思い、試してみました。
機器は富士通の「ScanSnap S1500M」、ソフトは「xsane」。
今回お世話になったサイト(感謝!)。
UbuntuでScanSnap S1500を使う

まず、ScanSnapをPCにUSB接続。
端末から

#lsusb
Bus 003 Device 006: ID 04c5:11a2 Fujitsu, Ltd

↑これを確認。

#scanimage -L
device `fujitsu:ScanSnap S1500:603280′ is a FUJITSU ScanSnap S1500 scanner

↑これを確認。
Ubuntu Softwareから「XSane Image scanning program」をインストール及び起動。
まず、試しスキャンしてビューアでサイズと解像度を確認、修正。
snapscan
上から、
スキャン枚数:両面なので[2]
スキャン後の動作:複数枚まとめるので[Multipage]
scansource:両面スキャンなので、[ADF両面]
scanmode:[カラー]
source medium type:[フルカラーレンジ]
スキャナの解像度:好みで調整
ガンマ値:そのまま
明度:そのまま
コントラスト:そのまま

これでスキャンすると、xsane multipage projectで指定したフォルダに画像が保存され、[Save multipage file]で複数ページのPDFファイルが作成される。

sane

かなりよくできていると思います。
ただ、テキスト検索の認識に関する設定が見つかりませんでした。

 

Tags:

【Ubuntu14.04】お客様のPCにインストール

1月 31st, 2015 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

ScanSnapお客様にUbuntuの話をしたら興味をお持ちになったので、WindowsXPで使っていたパソコンにUbuntu14.04を入れてみました。
インターネットも印刷もNASへの接続も問題なくできて、これが全部無料なのに驚いていらっしゃいました。
富士通のScanSnapも、USB接続するだけで使えました。
Youtube動画を保存したいそうで、Firefoxのアドオンの「Video DownloadHelper」をインストール。
動画の加工に「HandBrake」をインストール。Ubuntuの「HandBrake」にはバグがあるので対応。

 ただ、モニター切替器を複数お使いで、一部の切り替えで画像が乱れます。

【Ubuntu14.04】QNAPのNASをマウント

11月 30th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

QNAPのNAS「TS-120」を導入しました。2014-06-15 12.01.44
これはとても高機能なサーバーで、なかなか時間が無くていじれなかった。
もうすぐ、新製品も出るのでここらで設定をまとめておきました。

TS-120側でフォルダやユーザー設定を済ませておきます。
今回は長いこと使ってきたNASのデータの整理も兼ねて色々変わる予定なので簡易な方法にします。
[コントロールパネル]-[共有フォルダ]で、マウントしたいフォルダのみゲストのアクセス権をフルアクセスに設定。

QNAP TS-120

sambaでは普通に繋がるけど、よく使うフォルダは自動でマウントしておきたい。
sambaでNASに接続できるのを確認。

cifs-utils(Common Internet File System utilities)をインストール(Ubuntuソフトウェアセンターからでも可)。

sudo apt-get install cifs-utils

mediaフォルダにマウント用フォルダを作成

sudo mkdir /media/○○(任意のフォルダ名)

フォルダを確認

 ls /media/

マウントできるのを確認

 sudo mount -t cifs //(マウントするHDDのIPアドレス)/xxx(フォルダ名) /media/○○○

起動時に自動でマウントするようfstabを編集

sudo gedit /etc/fstab

//(HDDのIPアドレス)/フォルダ名 /media/HDD55/ cifs username=(ユーザー名),password=(パスワード),iocharset=utf8,rw,uid=(ユーザ名),gid=(ユーザ名) defaults 0 0

再起動

SSDに換装する前に出ていたエラー

CIFS VFS: Error connecting to socket. Aborting operation.
CIFS VFS: cifs_mount failed w/return code = -101

は出なくなった。
でも、せっかくSSDに換装して起動が早くなったのに、マウント設定をするとちょっとだけ遅くなるのでした。
SSD換装前に比べれば全然早いけど、これすごく多機能なので、共有方法も変えた方が良いのかもしれない。

Tags: ,

【Ubuntu14.04】Bluetoothは繋がるのか

7月 19th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

以前からUbuntuではBluetoothとTVチューナーは鬼門とか言われてきました。
今まで必要と思わなかったのですが、最近ヘッドセットをBluetoothで繋ぎたいと思い、試してみました。
ネットでぐぐってみると、繋がる場合はすごく簡単みたい。
システム設定の中に「Bluetooth」項目もあります。
買ってみたのは、Planexの「BT-Micro4」。

Bluetooth

しかし・・・、NGでした。
PlantronicsのM165、ロジテックのLBT-HS700、ともに検出しません。

Bluetooth

任天堂のポケモンキーボードは繋がるので、機器は正常だと思われます。
Ubuntu14.04でBluetoothのヘッドセットを繋いだって情報が無いんですよね。

Tags: