Archive for the ‘周辺機器’ Category

【Ubuntu16.04】Fujitsu ScanSnap S1500Mで自炊

1月 3rd, 2017 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

SnapScan書物や文書のデジタル化をすべく自炊を始めましたが、Ubuntuでもできたらいいなと思い、試してみました。
機器は富士通の「ScanSnap S1500M」、ソフトは「xsane」。
今回お世話になったサイト(感謝!)。
UbuntuでScanSnap S1500を使う

まず、ScanSnapをPCにUSB接続。
端末から

#lsusb
Bus 003 Device 006: ID 04c5:11a2 Fujitsu, Ltd

↑これを確認。

#scanimage -L
device `fujitsu:ScanSnap S1500:603280′ is a FUJITSU ScanSnap S1500 scanner

↑これを確認。
Ubuntu Softwareから「XSane Image scanning program」をインストール及び起動。
まず、試しスキャンしてビューアでサイズと解像度を確認、修正。
snapscan
上から、
スキャン枚数:両面なので[2]
スキャン後の動作:複数枚まとめるので[Multipage]
scansource:両面スキャンなので、[ADF両面]
scanmode:[カラー]
source medium type:[フルカラーレンジ]
スキャナの解像度:好みで調整
ガンマ値:そのまま
明度:そのまま
コントラスト:そのまま

これでスキャンすると、xsane multipage projectで指定したフォルダに画像が保存され、[Save multipage file]で複数ページのPDFファイルが作成される。

sane

かなりよくできていると思います。
ただ、テキスト検索の認識に関する設定が見つかりませんでした。

 

Tags:

【Ubuntu14.04】お客様のPCにインストール

1月 31st, 2015 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

ScanSnapお客様にUbuntuの話をしたら興味をお持ちになったので、WindowsXPで使っていたパソコンにUbuntu14.04を入れてみました。
インターネットも印刷もNASへの接続も問題なくできて、これが全部無料なのに驚いていらっしゃいました。
富士通のScanSnapも、USB接続するだけで使えました。
Youtube動画を保存したいそうで、Firefoxのアドオンの「Video DownloadHelper」をインストール。
動画の加工に「HandBrake」をインストール。Ubuntuの「HandBrake」にはバグがあるので対応。

 ただ、モニター切替器を複数お使いで、一部の切り替えで画像が乱れます。

【Ubuntu14.04】QNAPのNASをマウント

11月 30th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

QNAPのNAS「TS-120」を導入しました。2014-06-15 12.01.44
これはとても高機能なサーバーで、なかなか時間が無くていじれなかった。
もうすぐ、新製品も出るのでここらで設定をまとめておきました。

TS-120側でフォルダやユーザー設定を済ませておきます。
今回は長いこと使ってきたNASのデータの整理も兼ねて色々変わる予定なので簡易な方法にします。
[コントロールパネル]-[共有フォルダ]で、マウントしたいフォルダのみゲストのアクセス権をフルアクセスに設定。

QNAP TS-120

sambaでは普通に繋がるけど、よく使うフォルダは自動でマウントしておきたい。
sambaでNASに接続できるのを確認。

cifs-utils(Common Internet File System utilities)をインストール(Ubuntuソフトウェアセンターからでも可)。

sudo apt-get install cifs-utils

mediaフォルダにマウント用フォルダを作成

sudo mkdir /media/○○(任意のフォルダ名)

フォルダを確認

 ls /media/

マウントできるのを確認

 sudo mount -t cifs //(マウントするHDDのIPアドレス)/xxx(フォルダ名) /media/○○○

起動時に自動でマウントするようfstabを編集

sudo gedit /etc/fstab

//(HDDのIPアドレス)/フォルダ名 /media/HDD55/ cifs username=(ユーザー名),password=(パスワード),iocharset=utf8,rw,uid=(ユーザ名),gid=(ユーザ名) defaults 0 0

再起動

SSDに換装する前に出ていたエラー

CIFS VFS: Error connecting to socket. Aborting operation.
CIFS VFS: cifs_mount failed w/return code = -101

は出なくなった。
でも、せっかくSSDに換装して起動が早くなったのに、マウント設定をするとちょっとだけ遅くなるのでした。
SSD換装前に比べれば全然早いけど、これすごく多機能なので、共有方法も変えた方が良いのかもしれない。

Tags: ,

【Ubuntu14.04】Bluetoothは繋がるのか

7月 19th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

以前からUbuntuではBluetoothとTVチューナーは鬼門とか言われてきました。
今まで必要と思わなかったのですが、最近ヘッドセットをBluetoothで繋ぎたいと思い、試してみました。
ネットでぐぐってみると、繋がる場合はすごく簡単みたい。
システム設定の中に「Bluetooth」項目もあります。
買ってみたのは、Planexの「BT-Micro4」。

Bluetooth

しかし・・・、NGでした。
PlantronicsのM165、ロジテックのLBT-HS700、ともに検出しません。

Bluetooth

任天堂のポケモンキーボードは繋がるので、機器は正常だと思われます。
Ubuntu14.04でBluetoothのヘッドセットを繋いだって情報が無いんですよね。

Tags:

【Ubuntu12.10】プリンタ設定(Canon PM610)

1月 26th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

CANON PIXUS MP610プリンタ(Canon Pixus iP4100)が突然黒だけ出なくなった。
カートリッジにはインクはたくさん入っている。
黒突然死。
お話にならない。
めちゃくちゃ忙しくて買い替えとか障害対応とか、自分の為にやる気にならない。

ちょうどプリンタ買い換えたお客様のところから引き上げたプリンタ(Canon Pixus MP610)があったので付け替えてみた。
電源ケーブルも同じものでOK。
問題はUbuntuですんなり繋がるか・・・と思ったら、すっごくすんなり繋がった(感動)。
しかも、あつらえたようにピッタリのサイズ。
機能的にもUP。
インクも同じものが使えるので、かえって良かった。
ありがたや、ありがたや。

[Ubuntu12.10]DynDNS設定

1月 13th, 2013 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア, 周辺機器

ペットの監視用にネットワークカメラを設置していますが、DynDNSを更新しているパソコンを入れ替えるので再度「ddclient」をインストール。

↓こちらを参考に(感謝)
ダイナミックDNSの設定
DDNS/DynDNS

端末から

$ sudo LANG=C apt-get install ddclient

※「LANG=C」をつけないとインストール画面が文字化する。多分化けてても適当に進んでOK。

ID・パスワードを登録したものを入力して進み、
[Find public IP using checkip.dyndns.com?]にチェックすると、登録したHostnameが検索されて、完了。

設定ファイルは、/etc/default/ddclient と /etc/ddclient.conf。

ddclientを編集

Configuration for ddclient scripts
# generated from debconf on 2011年 5月 23日 月曜日 07:17:54 JST
#
# /etc/default/ddclient

# Set to “true” if ddclient should be run every time a new ppp connection is
# established. This might be useful, if you are using dial-on-demand.
run_ipup=”false”

# Set to “true” if ddclient should run in daemon mode
# If this is changed to true, run_ipup must be set to false.
run_daemon=”true”

# Set the time interval between the updates of the dynamic DNS name in seconds.
# This option only takes effect if the ddclient runs in daemon mode.
daemon_interval=”600(IPアドレスをチェックする間隔)

※ 自宅用のネットワークカメラなので、600秒間隔くらいで充分かと。

ddclient.confを確認。

# Configuration file for ddclient generated by debconf
#
# /etc/ddclient.conf

protocol=dyndns2
use=web, web=checkip.dyndns.com, web-skip=’IP Address’
server=members.dyndns.org
login=(DynDNSに登録したユーザーID)
password=’(DynDNSに登録したパスワード)
○○.○○○.com(DynDNSに登録したHostname)

設定が正しいことを確認。

sudo ddclient -daemon=0 -debug -verbose -noquiet

最後に「SUCCESS:〜」と出ればOK。
ddclient再起動。

sudo /etc/init.d/ddclient restart

Tags: ,

【Ubuntu12.10】CANON複合機設定

1月 4th, 2013 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

Ubuntu12.10でプリンタ2台の設定をしました。
CANON MX870と、PIXUS iP4100。
iP4100の方はNASにUSB接続していて、特に問題なし。

MX870は下記のとおり。
CANONのサポートサイトから下記のdebファイルをダウンロード及び解凍。
IJ Printer Driver Ver.3.30 for Linux(プリンタドライバ)
ScanGear MP Ver.1.50 for Linux(スキャンドライバ)

それぞれをUbuntuソフトウェアセンターでインストール。
Package内の
cnijfilter-common_3.30-1_i386.deb(共通ファイル) を先に。
cnijfilter-mx870series_3.30-1_i386.debを次に。
scangearmp-common_1.50-1_i386.deb(共通ファイル) を先に。
scangearmp-mx870series_1.50-1_i386.debを次に。

あとは「システム設定」-「印刷」でネットワークプリンタに表示されるので自動検出で完了。
で、ドライバーのバージョンは2年半前の購入時から変わってません。
Grayscaleでの印刷はできないままです。
GimpやXSane でスキャナの原稿台からの読み取りはOKですが、ADFだと用紙サイズの読み取りに難があります。

Tags:

【Ubuntu12.04】CANON複合機設定

7月 8th, 2012 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

自作PCへのUbuntu12.04のインストールをやり直しました。
再度、プリンタの設定等をやり直しているのですが、今回、メーカー(CANON)の案内どおりでなくても完了できました。
設定した複合機・プリンタは、「MX870」と、「Pixus iP4100」です。
サポートサイトのあるような操作はせず、とにかくケーブルを正しく接続して、検出から設定。
2台共これで設定完了。
しかも、「MX870」は前回できなかったグレースケール印刷に成功。
そして、複合機にフラッシュメモリを差し込むと、ちゃんと外付けドライバとして認識します。

【Ubuntu12.04】CANON MX870セットアップ

5月 17th, 2012 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

前に手こずった複合機設定、今回はすんなり終わりました。

CANONのサポートサイトから下記のdebファイルをダウンロード及び解凍。
IJ Printer Driver Ver.3.30 for Linux(プリンタドライバ)
ScanGear MP Ver.1.50 for Linux(スキャンドライバ)

それぞれをUbuntuソフトウェアセンターでインストール。
Package内の
cnijfilter-common_3.30-1_i386.deb(共通ファイル) を先に。
cnijfilter-mx870series_3.30-1_i386.debを次に。
scangearmp-common_1.50-1_i386.deb(共通ファイル) を先に。
scangearmp-mx870series_1.50-1_i386.debを次に。
Ubuntuソフトウェアセンターが開いてから結構待たされて不安になるけど、「内部エラー」とか出たりするけど、待ってればインストールできます。

あとは「システム設定」-「印刷」でネットワークプリンタに表示されるので自動検出で完了。
mx870
で、ドライバーのバージョンは2年前の購入時から変わってません。
Grayscaleでの印刷はできないままです。
前回は「gimp」でしかスキャンできませんでしたが、今回は「Simple scan」や「xsane」でもPDFやJPGでスキャンが可能です。これはうれしい。

なお、MX870のカードリーダーも何もしなくても画像ファイルを読み込みましたが、Ubuntu側から取り出しで「取り出せません」とエラーが出ます。

Tags:

アンマウントできないHDD

1月 3rd, 2012 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

WindowsPCから取り出したHDDをUSB接続したところ、リカバリ領域がアンマウントを拒否。
Gpartedでも拒否。
なので、端末でアンマウント。

sudo umount /media/ボリューム

そして、Gpartedでフォーマット。

Tags: ,