Archive for the ‘インストール・設定’ Category

【Ubuntu16.04】UbuntuからWindows10へWOLとリモートアクセス

9月 18th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

メインマシン(Ubuntu16.04)から、Windows10へWOL(Wake On Lan)設定をしたので覚書。
このパソコンはWindows7からWindows10にアップグレードしたパソコンです。
ルータ(ASUS RT-AC68U)に、Wake On Lan機能があります。

PC:富士通 FMV-DESKPOWER F/G70T(FMVFG70TB)
OS:Windows10 Home 32bit

クライアント側(Windows)の準備。

BIOS設定
起動時にF2を押してBIOS起動→「詳細」の「各種設定」で、「LANによるウェイクアップ」を「使用する」に設定。

bios

デバイスマネージャー設定
デバイスマネージャーの「ネットワークアダプタ―」項目で、有線LANのプロパティを開く
→「電源の管理」タブで、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェック。

MACアドレスを確認
このルータはネットワーク内の情報を管理しやすいです。

ルータからWOL
マックアドレスを指定して、「ウェイクアップ」をクリック。

wol

端末で確認

sudo ethtool eth0 | grep Wake-on
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g

「Wake-on: g」ならOK。

端末からWOL

sudo apt-get install wakeonlan

でソフト「wakeonlan」をインストール

wakeonlan xx:xx:xx:xx:xx:xx(MACアドレス)

WOLアプリは?

gWakeOnLan」をインストールしてみました。
MACアドレスがわからなくても、IPアドレスで検索されます。
IPアドレスは固定しました。
左のチェックボックスにチェックを入れて、「Turn On」。

wol

ここまでは、ネットワーク内からのWOL。

次は、ネットワーク外からのWOL。
このルータには、「AiCloud2.0」機能があり、「Smart Access」でネットワーク外からインターネット経由でパソコンにアクセスできます。
スマホアプリを使ってWOLとリモートアクセスができるわけです。

AiCloud

但し、このWindowsPCはWindows10 Homeなので、リモートデスクトップアプリは入っていますが、リモートを受けることはできません。
ネットワーク内なら、Chromeリモートデスクトップがあります。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする

Tags:

【UbuntuMATE16.04】RaspberryPi3にインストールしてみた

5月 12th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

RaspberryPi3にUbuntu MATEをインストールしてみました。
最初からSDカードの相性問題にはまり、買い直したSDカードでやり直しです。

SDカード:Silicon-power 16GB SP016GBSTH010V10SP)
ディスプレイ:Sharp Aquos LC-22P1

パソコンはWindows10、SDFormatterでSDカードをイレースフォーマットでフォーマット。
「WIN32DiskImager」でSDカードに「Ubuntu MATE 16.04.2 LTS」をインストール。

電源ON!

UbuntuMATE UbuntuMATE

見慣れた設定画面を進んで、インストールは完了。

UbuntuMATE

有線LANは自動で認識しましたが、WiFiがなかなか有効になりませんでした。
LANケーブルを外してみたり、再起動したりしているうちに有効になり、設定できました。

日本語の設定をすると、Mozcが有効になります。
フォルダ名は英語にしたいのでいつものように、

env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

今回はSDカードの容量が16GBなので、なるべくインストールをしないで、最低限のソフトのみ設定しました。
Synaptic、samba、shutter、gparted
ワークグループ名の変更をしたいのでsambaを編集。
viで開いたらコマンドが思い出せなかったので、nanoで開いてみた。

sudo nano /etc/samba/smb.conf

workgroup = workgroup

を編集して、

[Ctrl]+o 上書き保存
[Ctrl]+x nano終了

NASの接続もスムーズに完了。
ネットワークプリンターの設定も、NASに接続したUSBプリンターの設定も問題無し。
Bluetoothでスピーカーを接続してみましたが、なかなか検出しなくて10回くらいやってみてなんとか繋がりました。
なかなか楽しみなおもちゃです。

Tags:

【Ubuntu16.04】ttf-mscorefonts-installerダウンロードに失敗

1月 29th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

最近起動する度に「ttf-mscorefonts-installerダウンロードに失敗」のエラーが出るようになりました。

アップデート情報

指示に従って「この操作を今すぐ実行する」をクリックしても出続けます。
ネットでググると結構あちこちで同様の症状があるようです。
マルチメディア系の設定をすると出るようになる場合があるとか、wineがらみでwinetricksでcorefontsをインストールすると出るとか・・・。
私の場合もそれらはあるのですが、エラーが出るようになったのはつい最近なので、ソフトウェアの更新で何か引っかかったのかもしれません。
最近やたら更新が多かったです。

↓ここから直接ダウンロードしてインストールして解決。
ttf-mscorefonts-installer_3.6_all.deb のダウンロードページ

下記のサイトにお世話になりました(感謝)。
Ubuntu 16.10 その84 – ttf-mscorefonts-installerのインストールに失敗する問題
ttf-mscorefonts-installer関連のエラーへの対処

【Ubuntu16.04】amazonプライムビデオ視聴

8月 13th, 2016 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

うっかりamazonプライム会員解約しそびれて、年会費を引き落とされてしまったので、Ubuntuで見れるか確認してみました。

Linuxの場合はGoogleChromeで視聴可能。
アドレスバーに「chrome://plugins/」でプラグインを開き、
[Widevine Content Decryption Module]を有効にしてGoogleChromeを再起動。
ちゃんと見れました。

Widevine Content Decryption Module

Tags:

【Ubuntu16.04LTS】14.04LTSからアップグレード

8月 8th, 2016 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

2016-08-07 09.45.58メインマシンにアップグレードのお誘いが出るようになったので、勇気を出してアップグレード。

PC:自作
OS:Ubuntu14.04 LTS 64bit→16.04LTS 64bit
CPU:Intel(R) Core i5-4440 CPU @ 3.10GHzx4
Memory:3.7GB
SSD:256GB

時間はかかったけど、特に問題無し。
うれしい。

Tags:

【Ubuntu16.04LTS】NECのVistaPCに入れてみた

5月 23rd, 2016 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

WindowsVistaは来年2017年4月に終了します。
買い替えて不要になったVistaパソコンにCloudReadyを入れ、さらにUbuntuを入れてみました。

Ubuntu16.04

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit → CloudReady → Ubuntu16.04LTS
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB
Memory:2GB→4GB

Ubuntu16.10、コードネームは“Xenial Xerus(ジーニアス ジリス)”意味は「おもてなしのアラゲジリス」。Xerusはアフリカのジリスだそうで、北米のプレーリードッグとは別の種類らしい。
インストール自体はずいぶん早くなったような気がします。

インストール後に設定することはいつもと同じ。
最適なサーバーを探して設定。

Ubuntu16.04

日本語ディレクトリ名を英語に変更。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ところが、前回もでしたが端末からの設定ではうまくいかず、手入力で設定ファイルを編集しました。
ディレクトリにファイルが入っていたから?

mkdir Desktop Downloads Templates Public Documents Music Pictures Videos
gedit ~/.config/user-dirs.dirs

DVDで動画を見れるようにする

sudo apt-get install libdvd-pkg.

インストールしたソフト

GoogleChrome、Chromium、Gparted、Synaptic、VLC、Shutter

「Ubuntuソフトウェアセンター」は、「Ubuntu Software」に替わって動作が軽くなりました。
Vistaの頃のパソコンならスペックは充分です。
ヘルプがわかりやすくなってました。

Ubuntu16.04

Tags:

【Ubuntu14.04】javaインストール

3月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

以前にもUbuntu12.~で同様にjavaをインストールしましたが、今回14.04で同様に設定できたので覚書。

javaのインストールは2種類あって、OpenJDKとOracleのjava。
OpenJDK は 2007年5月に Sun Microsystems (現在Oracleが買収) が Java のオープンソース化を実施した際にリリースした JDK(Java Development Kit)。
こちらはUbuntuソフトウェアセンターからインストール。

Oracleの方は端末からインストール。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-jdk7-installer

この後、私のUbuntuと、お客様のVirtualBox上のUbuntuでインストールされるJavaのバージョンが違いました。
私のは、Ver.8。

通常使うjavaを選択。

$ sudo update-alternatives –config java

alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。
選択肢    パス                                                    優先度  状態
————————————————————

* 0 /usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java 6 自動モード
1 /usr/lib/jvm/java-7-oracle/jre/bin/java 3 手動モード
2 /usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java 6 手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

で、バージョンを確認

$ java -version

java version “1.8.0_40”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_40-b25)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.40-b25, mixed mode)

VirtualBoxの方はVer.7のみ。

$ java -version

java version “1.7.0_05”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_05-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 23.1-b03, mixed mode)

ホームページでもjavaが動いているのを確認しました。

http://java.com/ja/download/installed.jsp

java

 

Tags:

【Ubuntu14.04】VaioにVirtualBoxでインストール

3月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

PC:Vaio VJP131B01N
OS:Windows7 Pro SP1 64bit
CPU:Intel Core i5 -4210U CPU @ 1.70GHz 1.70GHz
HDD:232GB
Memory:8GB

Windows7上にVirtualBoxで仮想PCを作ってUbuntuをインストールします。
まず、リカバリメディア作成、WindowsUpdateを全部実行、システムの復元ポイント作成。
このパソコン、有線LANとDVDドライブがありません。
インストール作業はやはり有線LANの方が安心なので、有線LANアダプタを装着。
DVDドライブもUSBタイプを装着。

UbuntuをDVDから起動して、無線LANが繋がって、動画も動いて音声も問題無いことを確認。
これでダメだとめんどい。

Ubuntu

ORACLEのダウンロードサイトから、「Oracle VM VirtualBox4.3.24」をダウンロード及びインストール。
インストール場所は、「c:\Program Files\Oracle\VirtualBox\」。
デフォルトで特に変更せずインストールを進めたところ、UbuntuのOSのバージョンが32bitしか表示されず、64bitパソコンなのに64bitが出てこない。
ググったところそういうパソコンがあるそうで、BIOSで仮想化機能を Enableにする必要があるらしい。
こちらにお世話になりました。↓

VAIO Pro 13: ubuntu インストール メモ

電子マニュアルでBIOSを起動するファンクションキーを確認、F3またはF4とのこと。
F3を押しながら電源を入れて、VAIOのロゴが出たら離すと「VAIOレスキューモード」が表示され、BIOSへのメニューが出ました。

VAIOレスキューモード

「Advanced」メニューの、「Intel(R) Virtualization Technology」がDisabledになっているので、Enabledに変更。

BIOS

もう一つ、「Security」メニューの、「Secure Boot」をDisabledに。

Ubuntu

64bitでインストールできます。

VirtualBox

メモリは余裕があるので2048MB(デフォルト512MB)。
仮想ハードドライブは、VDIを選択し、固定で40GB(デフォルト8GB)。
たいてい使っていくうちに容量が足りなくなってくるし(経験済み)、容量を増やすの結構面倒なので、今回は大目に設定。

インストール開始画面で何やらエラー。とりあえず進む。

Ubuntu

 

後はひたすら進む。インストール完了。
ネットワークアダプタの設定はブリッジアダプターに。
次に、「Guest Additions」をインストール。
解像度を変更できるようになりました。
日本語ディレクトリ名は英語に変更。
操作もスムーズでかなり快適です。

Ubuntu

 

【Ubuntu14.04】Google中国語入力

12月 6th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

パソコンをSSD換装したついでにUbuntuもクリーンインストールしたので、中国語入力も見なおしてみました。
どうやら、Google中国語入力が使えるらしい。
日本語入力自体も、iBusの評判が悪いことに今更気づいた(確かに不安定だった)。
「fcitx」で設定すれば、Google日本語入力と、Google中国語入力でうまく使えるらしい。

お世話になったサイトはこちら(多謝)、
Ubuntuのfcitxで中国語入力
もう、上記のとおりに設定なのですが、本家が無くなると泣くので記録します。

私の場合、iBusで設定されているので、こちらを参考にしました(多謝)。
Ubuntu 14.04 の日本語話。

fcitxを念の為上書きインストール(いらないかもしれないけど)。

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-libs-qt5 fcitx-frontend-qt5
sudo apt-get install mozc-server mozc-utils-gui

iBusからfcitxに切り替え

im-config -n fcitx

mozc

Mozcメニューの[設定]で、入力メソッドの設定。

入力メソッドの設定

入力システムの切り替えは半角/全角キーでできますが、3種類を順々には替わってはくれません。
「キーボード(日本語)」と、どちらかのMozcとなります。

Google中国語入力

簡体字も繁体字も対応してて、すごく便利になりました。
iBusの時は切り替える度にキーボードの設定が変わってしまったりしましたが、今回は安定したみたいでうれしい。

↓こちらはWindows用ですがとても詳しいです(多謝)。
谷歌拼音輸入法の使い方

Tags: ,

【Ubuntu14.04】ワークグループ設定

11月 27th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

Ubuntuを入れ直す度に探すのがワークグループ名の変更。
端末でsmb.confを編集する。

sudo gedit /etc/samba/smb.conf

smb.conf

Tags: