Archive for the ‘インストール・設定’ Category

【Ubuntu16.04LTS】NECのVistaPCに入れてみた

5月 23rd, 2016 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

WindowsVistaは来年2017年4月に終了します。
買い替えて不要になったVistaパソコンにCloudReadyを入れ、さらにUbuntuを入れてみました。

Ubuntu16.04

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit → CloudReady → Ubuntu16.04LTS
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB
Memory:2GB→4GB

Ubuntu16.10、コードネームは“Xenial Xerus(ジーニアス ジリス)”意味は「おもてなしのアラゲジリス」。Xerusはアフリカのジリスだそうで、北米のプレーリードッグとは別の種類らしい。
インストール自体はずいぶん早くなったような気がします。

インストール後に設定することはいつもと同じ。
最適なサーバーを探して設定。

Ubuntu16.04

日本語ディレクトリ名を英語に変更。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ところが、前回もでしたが端末からの設定ではうまくいかず、手入力で設定ファイルを編集しました。
ディレクトリにファイルが入っていたから?

mkdir Desktop Downloads Templates Public Documents Music Pictures Videos
gedit ~/.config/user-dirs.dirs

DVDで動画を見れるようにする

sudo apt-get install libdvd-pkg.

インストールしたソフト

GoogleChrome、Chromium、Gparted、Synaptic、VLC、Shutter

「Ubuntuソフトウェアセンター」は、「Ubuntu Software」に替わって動作が軽くなりました。
Vistaの頃のパソコンならスペックは充分です。
ヘルプがわかりやすくなってました。

Ubuntu16.04

Tags:

【Ubuntu14.04】javaインストール

3月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

以前にもUbuntu12.~で同様にjavaをインストールしましたが、今回14.04で同様に設定できたので覚書。

javaのインストールは2種類あって、OpenJDKとOracleのjava。
OpenJDK は 2007年5月に Sun Microsystems (現在Oracleが買収) が Java のオープンソース化を実施した際にリリースした JDK(Java Development Kit)。
こちらはUbuntuソフトウェアセンターからインストール。

Oracleの方は端末からインストール。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-jdk7-installer

この後、私のUbuntuと、お客様のVirtualBox上のUbuntuでインストールされるJavaのバージョンが違いました。
私のは、Ver.8。

通常使うjavaを選択。

$ sudo update-alternatives –config java

alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。
選択肢    パス                                                    優先度  状態
————————————————————

* 0 /usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java 6 自動モード
1 /usr/lib/jvm/java-7-oracle/jre/bin/java 3 手動モード
2 /usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java 6 手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

で、バージョンを確認

$ java -version

java version “1.8.0_40”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_40-b25)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.40-b25, mixed mode)

VirtualBoxの方はVer.7のみ。

$ java -version

java version “1.7.0_05”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_05-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 23.1-b03, mixed mode)

ホームページでもjavaが動いているのを確認しました。

http://java.com/ja/download/installed.jsp

java

 

Tags:

【Ubuntu14.04】VaioにVirtualBoxでインストール

3月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

PC:Vaio VJP131B01N
OS:Windows7 Pro SP1 64bit
CPU:Intel Core i5 -4210U CPU @ 1.70GHz 1.70GHz
HDD:232GB
Memory:8GB

Windows7上にVirtualBoxで仮想PCを作ってUbuntuをインストールします。
まず、リカバリメディア作成、WindowsUpdateを全部実行、システムの復元ポイント作成。
このパソコン、有線LANとDVDドライブがありません。
インストール作業はやはり有線LANの方が安心なので、有線LANアダプタを装着。
DVDドライブもUSBタイプを装着。

UbuntuをDVDから起動して、無線LANが繋がって、動画も動いて音声も問題無いことを確認。
これでダメだとめんどい。

Ubuntu

ORACLEのダウンロードサイトから、「Oracle VM VirtualBox4.3.24」をダウンロード及びインストール。
インストール場所は、「c:\Program Files\Oracle\VirtualBox\」。
デフォルトで特に変更せずインストールを進めたところ、UbuntuのOSのバージョンが32bitしか表示されず、64bitパソコンなのに64bitが出てこない。
ググったところそういうパソコンがあるそうで、BIOSで仮想化機能を Enableにする必要があるらしい。
こちらにお世話になりました。↓

VAIO Pro 13: ubuntu インストール メモ

電子マニュアルでBIOSを起動するファンクションキーを確認、F3またはF4とのこと。
F3を押しながら電源を入れて、VAIOのロゴが出たら離すと「VAIOレスキューモード」が表示され、BIOSへのメニューが出ました。

VAIOレスキューモード

「Advanced」メニューの、「Intel(R) Virtualization Technology」がDisabledになっているので、Enabledに変更。

BIOS

もう一つ、「Security」メニューの、「Secure Boot」をDisabledに。

Ubuntu

64bitでインストールできます。

VirtualBox

メモリは余裕があるので2048MB(デフォルト512MB)。
仮想ハードドライブは、VDIを選択し、固定で40GB(デフォルト8GB)。
たいてい使っていくうちに容量が足りなくなってくるし(経験済み)、容量を増やすの結構面倒なので、今回は大目に設定。

インストール開始画面で何やらエラー。とりあえず進む。

Ubuntu

 

後はひたすら進む。インストール完了。
ネットワークアダプタの設定はブリッジアダプターに。
次に、「Guest Additions」をインストール。
解像度を変更できるようになりました。
日本語ディレクトリ名は英語に変更。
操作もスムーズでかなり快適です。

Ubuntu

 

【Ubuntu14.04】Google中国語入力

12月 6th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

パソコンをSSD換装したついでにUbuntuもクリーンインストールしたので、中国語入力も見なおしてみました。
どうやら、Google中国語入力が使えるらしい。
日本語入力自体も、iBusの評判が悪いことに今更気づいた(確かに不安定だった)。
「fcitx」で設定すれば、Google日本語入力と、Google中国語入力でうまく使えるらしい。

お世話になったサイトはこちら(多謝)、
Ubuntuのfcitxで中国語入力
もう、上記のとおりに設定なのですが、本家が無くなると泣くので記録します。

私の場合、iBusで設定されているので、こちらを参考にしました(多謝)。
Ubuntu 14.04 の日本語話。

fcitxを念の為上書きインストール(いらないかもしれないけど)。

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-libs-qt5 fcitx-frontend-qt5
sudo apt-get install mozc-server mozc-utils-gui

iBusからfcitxに切り替え

im-config -n fcitx

mozc

Mozcメニューの[設定]で、入力メソッドの設定。

入力メソッドの設定

入力システムの切り替えは半角/全角キーでできますが、3種類を順々には替わってはくれません。
「キーボード(日本語)」と、どちらかのMozcとなります。

Google中国語入力

簡体字も繁体字も対応してて、すごく便利になりました。
iBusの時は切り替える度にキーボードの設定が変わってしまったりしましたが、今回は安定したみたいでうれしい。

↓こちらはWindows用ですがとても詳しいです(多謝)。
谷歌拼音輸入法の使い方

Tags: ,

【Ubuntu14.04】ワークグループ設定

11月 27th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

Ubuntuを入れ直す度に探すのがワークグループ名の変更。
端末でsmb.confを編集する。

sudo gedit /etc/samba/smb.conf

smb.conf

Tags:

【Ubuntu14.04】SSDにインストール

11月 16th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

パソコンの調子がどうも怪しげだったので、思い切ってSSDに換装してみました。
クローンしようかとも思いましたが、SSDでUbuntuは初めてなので、クリーンインストールすることにしました。

新しい更新をダウンロードしながらインストールしましたが、ずいぶん早く終わったような気がします。
うちのBフレッツがネクストに変わって回線速度も上がっているのも要因かと思いますが、それにしても起動が早い!
約30秒です。SSD
もう笑っちゃうくらい早い。

PC:自作
OS:Ubuntu14.04 LTS 64bit
CPU:Intel(R) Core i5-4440 CPU @ 3.10GHzx4
Memory:3.7GB
SSD:256GB

今回のSSDは、MicronのCrucial MX100(256GB)。
このサイズが手に入りやすくなって、しかも値段も下がってきて、本当にありがたい。
Micronは広島工場にも力入れてくれるので、気持よく購入できます。

インストール後の設定については、下記のサイトが一番だと思います。(感謝)
Ubuntu 14.04 LTSをインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト

まず、Ubuntuインストール後、パッケージのアップデート。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

マルチモニターは何もしなくても有効になってる。
以前はこれも面倒だったのに、楽になったもんだ。

日本語ディレクトリを英語に変更

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

GoogleChromeインストール

Dashのオンライン検索機能を無効に

[システム設定]-[セキュリティとプライバシー]を開き、検索タブをクリック。
「Dashで検索するとき:オンラインの検索結果を含める」をOFF。

Flashプラグインやコーディック等をインストール

sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras

Arialだけは削除(Arialを入れると文字化けすることがあるらしい)

cd /usr/share/fonts/truetype/msttcorefonts/sudo mv Arial.ttf arial.ttf Arial_Bold.ttf arialbd.ttf Arial_Italic.ttf ariali.ttf Arial_Bold_Italic.ttf arialbi.ttf /tmp/

時刻と日付の表示設定変更

「時刻と日付」で、時計の表示設定を、曜日・月日・年にチェックを入れる。

日本語入力にMozcを入れる

sudo apt-get install ibus-mozc

CompizConfig設定変更

snapping WindowsをOFF

ウインドウのメニュー位置変更

[システム設定]-[外観]の[挙動]タブで、「ウインドウのメニューを表示」を「ウインドウのタイトルバーの中」にチェック。

スクロールバーを普通に戻す

端末から、
gsettings set com.canonical.desktop.interface scrollbar-mode normal
元に戻すには、
gsettings reset com.canonical.desktop.interface scrollbar-mode

インストールしたソフトたち

Dropbox、Gimp、GLabels、Handbrake、Synaptic、Xsane、TeamViwer、Shutter、pyRenamer、VLCメディアプレイヤー、Unity Tweak Tool、LibreOffice

それにしても、早い。

Tags:

【LinuxMint17 MATE】EPSON Endervor NA102

8月 16th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

ブラジルから留学生さんが来てらっしゃいます。
持ってきた携帯電話は日本では繋がらず(ブラジルはSIMフリー)、お客様宅のパソコンはWindowsXPでサポート終了、お客様ご自身は新しいパソコンは必要なく、ご主人様のタブレットしかこちらではインターネットを使う手段がありません。
iPhone6が出たら買いたいそうで、とりあえずうちで転がってるLinuxMintパソコンを貸し出すことにしました。

PC:EPSON Endervor NA102
OS:WindowsXP→Windows7→ChromeOS(NG)→LinuxMint17 MATE
CPU:Intel(R) Celeron(R) M423 1.06GHz
Memory:1.5GB
HDD:80GB

EPSON

↑写真はUbuntuを入れた時のもの。

WindowsXPのパソコンから写真だけ移したいそうで、Dropboxを設定。
スペックめちゃくちゃ低いので恐ろしく時間がかかります。
メールはGmailを設定。
レポートを書くそうなので「LibreOffice」をインストール。

アカウントを英語版と日本語版に分けて設定を試みたのですが、元々日本語版LinuxMintを入れているのでかえってややこしかったのかもしれません。
管理者アカウントは英語になったのですが、追加した留学生さん用アカウントの方が日本語のままです。
とりあえず、逆のアカウントで使ってもらうことにしました。
GoogleChromeは母国語のポルトガル語に設定しました。

あとは、本人が何とかうまくやるでしょう。
Ubuntuの外国語の設定は今度自分でゆっくり確認したいと思います。

Tags:

【LinuxMint17】Sony Vaio VGN-P90S

7月 9th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

Vaio TypeP、この小さな筐体に一杯一杯のスペック。
購入時のVistaではとてもじゃないけど、非現実的でした。

Vaio Type P

PC:Sony Vaio VGN-P90S
OS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit→ChromeOS(NG)→LinuxBean(NG)→LinuxMint17
CPU:Intel(R) Atom(TM) CPU Z530 1.60GHz
Chipset:Intel® System Controller Hub US15W
Graphics:GMA500(US15W内蔵)
SSD:60GB
Memory:2GB

ChromeOS、LinuxBeanと試してみるうちに、どうやらこのGMA500に問題有りとわかりました。
多くの人たちが、WindowsXPで、7で、8でも苦しんできたようです。
そして、それに耐えるのはLinuxMintだけらしい。
つい数日前に最新のLTS版、「Linux Mint 17 “Qiana” v2」がリリースされたところです。

念の為書いておくと、最初にリカバリディスクは作成しています。
さすがVista、すごい時間をかけて、途中エラーが出たりしながら。
BIOSのバージョンは最新でした。

インストールはスムーズに完了。

Vaio Type P

今度はブラックアウトしません。

無線LAN設定、本当はaの規格で接続したかったのですが、残念ながら内蔵無線はaには非対応。
日本語入力はMozcを入れます。

すでにLibleOffice、Thunderbird、Leafpad(メモ帳)はインストール済み。
インストールしたソフトは、Dropbox、GoogleChrome、
プリンタ設定:Brother MFC-J890DN
ちゃんとLinux用のドライバがあり、インストール方法まで案内がありました。

Google Chromeのインストールに躓きました。
32 ビット .deb(Debian/Ubuntu)をダウンロードして、デスクトップ上に保存し、インストールすると・・・、

依存関係の問題により google-chrome-stable の設定ができません:
google-chrome-stable は以下に依存 (depends) します: libcurl3 …しかし:
パッケージ libcurl3 はまだインストールされていません。

↓こちらにお世話になりました。(感謝)
Debian 6.0にGoogle Chromeをインストール

端末で、

$  cd /home/(ユーザー名)/デスクトップ
$  sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_i386.deb

で、やっぱり依存関係で・・・と出ますが

$ cd
$ sudo aptitude update
・・・・・・・
$ sudo aptitude upgrade

で、libcurl3も入って、GoogleChromeをインストールすることができました。
Googleユーザーなら、Chromeさえ入ってしまえばこっちのものです。

※ 参考
 LinuxMint 日本語支援サイト リナックスミントを使おう

Tags:

【LinuxBean12.04】Sony Vaio VGN-P90S(NG)

7月 9th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

非力なパソコンに入れる軽量LinuxでLinuxBeanというのがあるので試してみました。
パソコンのUSB接続のDVDドライブからの起動は、BIOS設定変更で、ChromeOSを試した時と同じ。

LinuxBean

PC:Sony Vaio VGN-P90S
OS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit→ChromeOS(NG)
CPU:Intel(R) Atom(TM) CPU Z530 1.60GHz
Chipset:Intel® System Controller Hub US15W
Graphics:GMA500(US15W内蔵)
HDD:60GB(SSD)
Memory:2GB

CD起動してスムーズにインストールは進みました。
で、インストールを終了して再起動後・・・、ブラックアウト。
ググって調べたところ・・・、こちらにお世話になりました。
VAIO PにUbuntu12.04を入れてみた(1) インストールと初期問題について

起動してはいるのですが、画面が真っ暗です。
これはまたもやGMA500がらみらしい。
上記のサイトで解説が詳しいのですが、[Ctrl]+[Alt]+[F2]で仮想コンソールを切り替えて、[Ctrl]+[Alt]+[F7]でGUIのログイン画面に行くとやっとログインできます。
こちらのサイトだと、grubを編集したりするとクリアできたようですが、同じTypePでもいろんなケースがあるとかで、私の場合は改善できませんでした。
あれこれググっていると、LinuxMintだけがこれを解消できているらしい。
という訳で、あっさり諦めて、LinuxMintへと続きます。

Tags:

【ChromeOS】Sony Vaio VGN-P90S(NG)

7月 8th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

PC:Sony Vaio VGN-P90S
OS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Atom(TM) CPU Z530 1.60GHz
Chipset:Intel® System Controller Hub US15W
Graphics:GMA500(US15W内蔵)
HDD:60GB(SSD)
Memory:2GB

「Chromium OS builds by Hexxeh」
↑ここからダウンロードして、USBにイメージを焼きます。
USB起動してインストールして、ちゃんと入るとこんな感じ。

ChromeOS

まず、BIOSでUSBから起動できるように設定します。

Bios

External Device Boot: [Enabled]
Boot Priorityの項目で[External Device]を上位に
そして、USBから起動しようと電源を入れますが、ブラックアウト。
↓こちらにお世話になりました。
VAIO Type PでChromium OSをUSBメモリからブートするときのメモ

起動のタイミングで[ESC]を押し、

boot: chromeos-usb.A root=/dev/sda3

※ [=]が[^]のキーです(英語配列)。

ところが、やっと起動できてもブラウザでホームページ閲覧しているとすぐに画面が崩れます。

ChromeOS

グラフィックのGMA500が鬼門のようです。
このパソコンはお客様用なので、これじゃ無理。
また、いつか安定したら会いましょう。

Tags: