メインマシンをUbuntuに!-サウンドフォント-

3月 14th, 2009 by marumi | Filed under インストール・設定.

「Rosegarden」を使うために一旦は試みて、挫折したサウンドフォントの解凍、もーちょっと頑張ったらできたのでメモ。
まず、人気だという「SGM-V2.01」を試してみた。

ダウンロードして適当に解凍。
解凍してできたフォルダから「SGM-V2.01.sfArk」ファイルを、「/usr/bin」に移動。
これを解凍するフリーソフト「sfarkxtc」をダウンロードして解凍、これも「/usr/bin」へ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

***:/usr/bin$ sudo sfarkxtc SGM-V2.01.sfArk
[sudo] password for *****i:
======================================================================
sfArkXTc 1.03 (using sfArkLib version: 224)
copyright (c) 1998-2004 melodymachine.com, free for non-commercial use
======================================================================
Uncompressing SGM-V2.01.sfArk…
Progress: 100%
Created SGM-V2.01.sf2 (241608 kb) successfully.

Time taken 31.25 seconds
Result: Successful

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

「SGM-V2.01.sf2」ができた。

Ubuntu: Rosegardenをソフトシンセ(+サウンドフォント)で使う」を参考に、

「JACK Control」を起動し、start
「QSynth」を起動し、「setup」の「soundfonts」タグで「SGM-V2.01.sf2」を登録。
「setup」の「MIDI」タブで「MIDI channel」を適当に増やす。
OKすると、自動的に再起動したがるのでYES。

「Rosegarden」起動!!

「System timer resolution is too low」

なんか、もうちょっとかな・・・。

Tags: , ,


Leave a Reply

CAPTCHA