Posts Tagged ‘line’

【Ubuntu14.04】LINEがChromeの拡張機能に!

10月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

今年8月頃から、LINEがChromeの拡張機能になってることに、今頃気づいた。
試してみましたが、スタンプもファイル添付も問題無い。
キャプチャ機能やメモ機能が良い。
デスクトップ上にショートカットも作れる。
文字サイズ大きくすると見やすい。
あ、スタンプのアニメーションや音声は静止画になります。
一部フォントが汚いのは我慢できます。
これで、長いこと苦しんだLINEとWineの相性問題から開放されました。

Tags:

【Ubuntu14.04】LINE最新版が使える!

6月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LINE今までUbuntuでLINEを使う為に大変苦労してまいりました。
PlayOnLinuxでwine Ver.1.7.35(x86)と、LINEのVer.3.9.0.172と、相性の良い所をどうにか見つけて使っていました。
バージョンアップのお誘いが表示されても絶対クリックしない・・・はずが、どういう訳か「する」に手が滑ってしまいました。
行ってしまったらもう取り消せず、LINEは文字化け。
アンインストールして古いバージョンをインストールし直そうとしてもエラーになり、困って、ダメ元で最新バージョン(4.0.3.367)をWINE(1.6.2)上でインストールしてみたところ・・・、
ちゃんと入りました!!しかも、文字化け無し。
スタンプも使えます!添付ファイルも見れます!設定も開けます!
ぶらぼーーーーー\(^o^)/

ただ、設定の中で、チェックボックスにチェック入れたり外したりができません。
でも、そんなことは些細なこと。
めでたい!
20150612003Ubuntuのみんな、聞いてる?LINE使えるようになったよ。

Wine 1.6.2
LINE 4.0.3.367

Tags: ,

【Ubuntu14.04】LINE復活

2月 1st, 2015 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LINEUbuntuでwineで使っていたLINE、最近強制的にアップデートされて使えなくなっていました。
電話認証コードを入れるとフリーズ。
何とか使えるようになったので、以下覚書き。

PlayOnLinuxでwineの複数バージョンを試しました。
wine Ver.1.7.35(x86)
LINE Ver.3.9.0.172
スタンプのポップアップが一瞬出て消えてしまいます。
添付ファイルはOK。
フォントがおかしいのを設定で変更しようとしましたが、設定で選んだフォントになりません。
でも、とりあえず使えるようになったので、今のところ良しとします。

Tags: ,

【Ubuntu14.04】LINEのトークがフリーズ

6月 24th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LineなぜかLineのトークのひとつだけがフリーズ。
画面の端っこに張り付いて、入力部分は表示されない。
他のトークは普通に使えます。
前の晩、中国語のピンインを入力したけど、いけなかった?
いろいろやってもダメなのでインストールし直しました。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install wine 1.6

一応最新のLine(3.7.6)も試しましたが、やっぱりスタンプがNGで、安定のLine(3.2.3)をインストールしました。
添付ファイルが開けないのは相変わらずです。
日本語入力がおかしいので、下記を設定。

wine reg add “HKCU\Software\Wine\X11 Driver” /v InputStyle /d root /f

※参考
Ubuntu に LINE をインストールする方法
wineでLINE(ライン)を動かす

Tags:

【Ubuntu14.04】LINEインストール

5月 20th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

Line

UbuntuにLINEをインストールしてみました。
何度かはまった件です。

wineは1.7が良いらしい

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa sudo apt-get update sudo apt-get install wine1.7

wine1.7で問題有りでした。
wine1.6.2が良いみたい。
他のソフトでもwineを使うことを考えて、以前にも試したPlayOnLinuxを使うことにしました。

LINEはVer.3.2.3が良いらしい
こちらにお世話になりました。↓

Ubuntu に LINE をインストールする方法

Ubuntu14.04でLINE

Line3.2.3

LINE最新バージョン3.6.0では、スタンプのポップアップが一瞬出て消えます。
LINE3.2.3では、スタンプは送れますが、添付のファイルは「開く」クリックすると「画像を読み込めませんでした」と出て、一旦保存しないと開けません。

追記:74K40さんが検証してくださいました。添付ファイルが開けないのはLINE 3.2.3.93 自体のバグだそうです。感謝m(_ _)m

Tags: , ,

【Ubuntu12.10】LINE復旧

4月 30th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LineUbuntuで使っていたLine、起動すると「新しいバージョンがあります。アップデートしますか?」と聞かれて、いつも拒否してたのに、うっかりやってしまいました。
まただ、前にも同じ事がありましたよ(あたしのバカ)。

【Ubuntu12.10】LINEアップグレード

で、Lineが最新になって、書き込みするだけなら問題無いのですが、スタンプやファイルを送ろうとすると、ポップアップでフリーズ。
Line終了でもフリーズ。
またネットでググってみると、LineのUbuntuで動く安定バージョンがあると言う。

Ubuntu に LINE をインストールする方法(感謝!!)

なんと、うれしい!快適ですよ。ありがとうございます。
Line3.2.3

 

 

 

Tags:

【Ubuntu12.10】LINEアップグレード

8月 2nd, 2013 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LINE3.1.9のアップグレードへのお誘いが来てましたが無視してました。
何か面倒なことが起こっても、今忙しくて対応できません。
ずっと無視してましたが、つい魔が差してアップグレードしてしまいました。
そしたらやっぱり、挙動不審。
なかなか起動しないし、起動してもフリーズ、日本語入力でカーソルが飛ぶ。

Google+で、wine1.6ではLINEが動いてるとの情報もあったので、LINEをアンインストールしてインストールし直しました。
すると、起動は安定したものの日本語入力がやはりNG。
wineでLINE(ライン)を動かす
↑こちらを参考に(ありがとうございます、感謝です)

$ wine reg add “HKCU\Software\Wine\X11 Driver” /v InputStyle /d root /f

これで改善しました。
そういえば、前回もこれはありました。
もう忘れてました。

2013/8/18 追記
その後、LINEのポップアップ通知を受けると、通知音が出続けてLINEがフリーズすることが判明。
さらにLINEをバージョンアップしたものの、今度は通知を受けるとLINEが落ちる。
通知を停止しておけば大丈夫だけど、同じアカウントを登録しているiPad miniでも通知されない。
パソコン起動している間だけ通知を停止するしかないですかね。

Tags:

【Ubuntu12.10】LINEが動いた!

4月 4th, 2013 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

一度は諦めたLINE on Ubuntuでしたが、久々にネットでググってみたら、Ver.12.10で成功したというお方のサイトに出会えました。
動作しなくなったLINEを動かす
これはうれしい!
さっそく試したところ、上記のサイトの手順通りでうまくいきました。
本家が無くなるといけないので記録します。

まず、Lineのインストールファイルをダウンロードしておきます。
複数のWineバージョンを使い分けられるPlayOnLinuxを使います。
リポジトリを追加して、PlayOnLinuxをインストール。

$ wget -q “http://deb.playonlinux.com/public.gpg” -O- | sudo apt-key add –
$ sudo wget http://deb.playonlinux.com/playonlinux_quantal.list -O /etc/apt/sources.list.d/playonlinux.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install playonlinux p7zip-full

Dashから「PlayOnLinux」を起動して、画面に従い次へ次へと進みます。
「Enjoy Using PlayOnLinux」で次へと進むと「Refreshing PlayOnLinux」となり、しばし待ちます。

終わったら、メニューバーの「ツール」-「Manage Wine versions」を選択。
WineのバージョンをLINEが動いていたVer.1.5.24を選択してインストール。

「インストール」ボタンをクリックして、
ダイアログの左下にある「Install a non-listed program」リンクをクリック。
ウィザードが起動するので次へと進む。
「What would you like to do?」と聞かれるので、
「Install a program in a new virtual drive」を選んで、[次へ]ボタンをクリック。
「 Please type a name for 〜」で、任意の名前をつける(例:linux)。
さらに進むと、
「 What would you like to do before instllation?」と聞かれるので、
「Use another version of Wine」にチェックを付けて[次へ]ボタンをクリック。
LINEが動作する「1.5.24」を選んで、[次へ]ボタンをクリック。
Wineがインストールされます。
次は参照ボタンをクリックして、ダウンロードしておいた「LineInst.exe」を選択。

今度は日本語のインストーラーに変わります。
これを最後まで進めたら、動作完了。
LINEを終了し、パネル上のLINEも終了。

しばらく待つとアイコン選択画面になるので「Line.exe」を選んで[次へ]、
ショートカット名を設定して完了。

最後にLINEの文字化けへの対応。

「user.reg」ファイルをエディタで開く。

$ cd ~/.PlayOnLinux/wineprefix/line
$ nano user.reg

このファイルに次の2行を追記。。

[Software\\Wine\\X11 Driver] 1362481031
“InputStyle”=”root”

wineはもう使えないと見なしてしまっていましたが、こちらのお陰でPlayOnLinuxの良さがよくわかりました(感謝!)。

追記(2013.5.29):
一部文字化けが発生(〜→□)しましたが、設定でフォントを変更して解消しました。

Tags: ,