Posts Tagged ‘wine’

【Ubuntu14.04】LINE最新版が使える!

6月 12th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LINE今までUbuntuでLINEを使う為に大変苦労してまいりました。
PlayOnLinuxでwine Ver.1.7.35(x86)と、LINEのVer.3.9.0.172と、相性の良い所をどうにか見つけて使っていました。
バージョンアップのお誘いが表示されても絶対クリックしない・・・はずが、どういう訳か「する」に手が滑ってしまいました。
行ってしまったらもう取り消せず、LINEは文字化け。
アンインストールして古いバージョンをインストールし直そうとしてもエラーになり、困って、ダメ元で最新バージョン(4.0.3.367)をWINE(1.6.2)上でインストールしてみたところ・・・、
ちゃんと入りました!!しかも、文字化け無し。
スタンプも使えます!添付ファイルも見れます!設定も開けます!
ぶらぼーーーーー\(^o^)/

ただ、設定の中で、チェックボックスにチェック入れたり外したりができません。
でも、そんなことは些細なこと。
めでたい!
20150612003Ubuntuのみんな、聞いてる?LINE使えるようになったよ。

Wine 1.6.2
LINE 4.0.3.367

Tags: ,

【Ubuntu14.04】wine+jw_CADインストール

4月 6th, 2015 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

jw_CAD久しぶりにCADを使う必要があって、Ubuntuにjw_CADを入れてみました。
安定のVer.7.11、「PlayOnLinux」を使って、「Wine Ver.1.6.2」でインストールできました。
途中で、数回「DDEの接続に失敗しました」と出ますが、完了して起動して、操作もでき、とりあえず使えています。

jw_CAD

Tags: ,

【Ubuntu14.04】LINE復活

2月 1st, 2015 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

LINEUbuntuでwineで使っていたLINE、最近強制的にアップデートされて使えなくなっていました。
電話認証コードを入れるとフリーズ。
何とか使えるようになったので、以下覚書き。

PlayOnLinuxでwineの複数バージョンを試しました。
wine Ver.1.7.35(x86)
LINE Ver.3.9.0.172
スタンプのポップアップが一瞬出て消えてしまいます。
添付ファイルはOK。
フォントがおかしいのを設定で変更しようとしましたが、設定で選んだフォントになりません。
でも、とりあえず使えるようになったので、今のところ良しとします。

Tags: ,

【Ubuntu14.04】LINEインストール

5月 20th, 2014 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

Line

UbuntuにLINEをインストールしてみました。
何度かはまった件です。

wineは1.7が良いらしい

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa sudo apt-get update sudo apt-get install wine1.7

wine1.7で問題有りでした。
wine1.6.2が良いみたい。
他のソフトでもwineを使うことを考えて、以前にも試したPlayOnLinuxを使うことにしました。

LINEはVer.3.2.3が良いらしい
こちらにお世話になりました。↓

Ubuntu に LINE をインストールする方法

Ubuntu14.04でLINE

Line3.2.3

LINE最新バージョン3.6.0では、スタンプのポップアップが一瞬出て消えます。
LINE3.2.3では、スタンプは送れますが、添付のファイルは「開く」クリックすると「画像を読み込めませんでした」と出て、一旦保存しないと開けません。

追記:74K40さんが検証してくださいました。添付ファイルが開けないのはLINE 3.2.3.93 自体のバグだそうです。感謝m(_ _)m

Tags: , ,

【Ubuntu12.10】LINEが動いた!

4月 4th, 2013 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

一度は諦めたLINE on Ubuntuでしたが、久々にネットでググってみたら、Ver.12.10で成功したというお方のサイトに出会えました。
動作しなくなったLINEを動かす
これはうれしい!
さっそく試したところ、上記のサイトの手順通りでうまくいきました。
本家が無くなるといけないので記録します。

まず、Lineのインストールファイルをダウンロードしておきます。
複数のWineバージョンを使い分けられるPlayOnLinuxを使います。
リポジトリを追加して、PlayOnLinuxをインストール。

$ wget -q “http://deb.playonlinux.com/public.gpg” -O- | sudo apt-key add –
$ sudo wget http://deb.playonlinux.com/playonlinux_quantal.list -O /etc/apt/sources.list.d/playonlinux.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install playonlinux p7zip-full

Dashから「PlayOnLinux」を起動して、画面に従い次へ次へと進みます。
「Enjoy Using PlayOnLinux」で次へと進むと「Refreshing PlayOnLinux」となり、しばし待ちます。

終わったら、メニューバーの「ツール」-「Manage Wine versions」を選択。
WineのバージョンをLINEが動いていたVer.1.5.24を選択してインストール。

「インストール」ボタンをクリックして、
ダイアログの左下にある「Install a non-listed program」リンクをクリック。
ウィザードが起動するので次へと進む。
「What would you like to do?」と聞かれるので、
「Install a program in a new virtual drive」を選んで、[次へ]ボタンをクリック。
「 Please type a name for 〜」で、任意の名前をつける(例:linux)。
さらに進むと、
「 What would you like to do before instllation?」と聞かれるので、
「Use another version of Wine」にチェックを付けて[次へ]ボタンをクリック。
LINEが動作する「1.5.24」を選んで、[次へ]ボタンをクリック。
Wineがインストールされます。
次は参照ボタンをクリックして、ダウンロードしておいた「LineInst.exe」を選択。

今度は日本語のインストーラーに変わります。
これを最後まで進めたら、動作完了。
LINEを終了し、パネル上のLINEも終了。

しばらく待つとアイコン選択画面になるので「Line.exe」を選んで[次へ]、
ショートカット名を設定して完了。

最後にLINEの文字化けへの対応。

「user.reg」ファイルをエディタで開く。

$ cd ~/.PlayOnLinux/wineprefix/line
$ nano user.reg

このファイルに次の2行を追記。。

[Software\\Wine\\X11 Driver] 1362481031
“InputStyle”=”root”

wineはもう使えないと見なしてしまっていましたが、こちらのお陰でPlayOnLinuxの良さがよくわかりました(感謝!)。

追記(2013.5.29):
一部文字化けが発生(〜→□)しましたが、設定でフォントを変更して解消しました。

Tags: ,

[Ubuntu11.04]wineで弥生会計NG

5月 2nd, 2011 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

wineのバージョン:1.2.2
弥生会計インストールを試してみました。
インストールがブロックされました。
「Blocked:wine start /unix」

The file ‘/media/2 18 2003/Account7/setup.exe’is not marked as executable. If this was downloaded or copied from an untrusted source,it may be dangerous to run. For more details,read about the executable bit.

Ubuntuの信頼できるリポジトリからのプログラムじゃないので、危険と拒否られた。
ぐぐってみると、やはり対処法がありました(感謝)。
Fix “Blocked: wine start /unix” Error Trying To Run Windows .EXE Files (Programs) in Ubuntu Linux
ありゃ・・Ubuntu10.10のWineどうした?
端末から

gksu gedit /usr/share/applications/wine.desktop

開いたファイルを編集。

Exec=cautious-launcher %f wine start /unix
  ↓
Exec=wine start /unix %f

インストールは開始されました。ウィザードを進めて完了。
「Program Error」

The program Account7.exe has encountered a serious problem and needs to close.We are sorry for the inconvenience.

で、フリーズしてしまいました。
これは、Ubuntu10.04の時と同じ。
やっぱりダメですか。

ついでにダメもとでwineを1.3.15にUpdateしてみました。
リポジトリは「ppa:ubuntu-wine/ppa」。
「Synapticパッケージマネージャ」で1.3にUpしました。
すると、今度はウィザードも完了するのですが、入力しようと帳簿を開くと「Program Error」で強制終了です。
何かもうちょっとな気がしますが、残念です。

Tags:

[Ubuntu11.04]スペックの低いPCにインストールしてみた

5月 1st, 2011 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定


PC:SHARP Mebius PC-CL50G
OS:WindowsXP SP2→Ubuntu10.10→Ubuntu11.04
CPU:モバイルAMD Athlon TM XP-Mプロセッサ 2200+
Chipset:VIA社製 ProSavageDDR KN266
Memory:512MB
HDD:60GB

Ubuntu11.04(Natty Narwhal)、Upgradeしてみました。
推奨最低環境ギリギリ。
約2時間で一応完了したものの、
「It seems that you do not have the hardware required to run Unity.Please choose Ubuntu Classic at the login screen and you wil・・」
つまり、Unityは使えないけど、今までと同じ画面では使えますってことです。

Ubuntu11.04へアップグレードを行うには
↑ここに従い、端末からGPG鍵とリポジトリを追加。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/natty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update

Flash動画OK、NASへの接続もOK。
DVD再生でエラー、

Could not read DVD.This may be because the DVD is encrypted and a DVD decryption library is not installed.

Ubuntuソフトウェアセンターから、「ubuntu restricted extras」を検索してインストール。
端末から下記を実行。

sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh

これでOK。

キーボード・インプットメソッドを「Mozc」に変更。言語バーを常時表示させる設定にしてOK。
数日動作確認したら、このパソコンはある方のところへ旅立ちます。

Tags:

[Ubuntu10.10]wineが微妙・・・

1月 3rd, 2011 by marumi | 1 Comment | Filed in インストール・設定

wineのバージョンが、1.2.1ですが、動作状況は下記の通り。

■ インストールできたもの

アタッシェケース ver.2.73
ABC5
ゆうこの家計簿32
DocuWorks Viewer Light 7.1 日本語版
jwcad 7.04(前回同様に「jw_cad.desktop」ファイルが作られない)

■ インストールできなかったもの

筆まめ Ver.2011(最後のあたりでFunction Error)
テプラ(ソフトはインストール可だが、プリンタドライバが無い)
弥生会計(シリアルの3つ目のボックスで入力不可となる、うちのだけ?)

インストールできたものも、この先も日本語入力がスムースにいくかまだ未検証。今のところOK。
弥生会計は、Ubuntu9.10では一応使えていたのに、すごく府に落ちない。

その後、再度弥生会計のインストールを試みたところ、今度はシリアルの入力はできて(入力フォントが前と違うような・・・)インストール完了することができました。
ですが、環境設定ウィザードを完了するとエラーが出て、強制終了してしまいます。
環境設定をキャンセルしても強制終了です。
なんだかもう少しな気がするのですが・・・。
wineのエラー
 
弥生会計のデータファイルは、 
ホームフォルダ/.wine/drive_c/users/(ユーザ名)/MyDocuments/Intuit/ 弥生会計03データフォルダ/
にコピーしました。

Tags:

[Ubuntu9.10]wineで残るメニュー

2月 8th, 2010 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

wineでアンインストール済みのソフトがメニューには残ることがあって気持ち悪い。
ググって見たところ、ちゃんと対応策があったので記録。
Wineでアンインストールしてもメニューに残る件

/home/(ユーザ名)/.local/share/applications/wine/Programs
に残っているのを削除。

Tags:

Wineの設定

6月 8th, 2009 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

今回Wineのバージョンは、「1.0.1」。
ソフトによっては微調整が必要だったので記録しておく。

●Fuji Xerox DocuWorks Viewer Light 7.0
 特に問題無し

●アタッシェケース
 インストールは問題無しだが、やはりドラッグでは操作できない。

●弥生会計
 メニューに関する記述「弥生会計 03 Standard.desktop」がホームフォルダに作成されたので、「/home/(ユーザ名)/.local/share/applications/wine/Programs/弥生シリーズ/弥生会計 03」に移動。

●ゆう子の家計簿
 メニューに関する記述「ゆう子の家計簿.desktop」が作成されなかったので、他のプログラムのものをエディタで開き、編集。
アイコンの場所は検索したところ、「/home/(ユーザー名)/.wine/dosdevices/c:/windows/temp」なので、ファイル名を確認して編集。

●基礎体温管理のフリーソフト「ABC2000
 インストーラが無いバージョンなので、前回同様に、フォルダごとコピー。
前回のwine内のフォルダではなく、Windowsの「ABC」フォルダをコピー。
データファイル「xxx.arr」のみwine内からコピー。
「abc.desktop」を上記と同様に作成。

●jw_CAD
インストールでエラーが出たが、一応「wine」のCドライブにインストールされたので、「jw_cad.desktop」を上記と同様に作成してOK。

今回、「xxxx.desktop」を自作したプログラムは、アプリケーションメニューの「未分類」に登録された。
これの訂正は、「xxx.desktop」内に「Categories=Office」とか指定してやればOKでした。
wineも、そう簡単には行かないけど、使える事自体が非常にありがたい。

 

Tags: