Posts Tagged ‘Wordpress’

[Ubuntu10.10]BitNamiでWordPressをインストール

1月 8th, 2011 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

BitNamiでローカルにWordPressをインストールできるようで、試してみました。
まず、BitNami::WordPressをダウンロード、ダウンロード先は「ダウンロード」フォルダ。 

端末から操作。 

$ cd ダウンロード

実行権をファイルに付与。

$ sudo chmod +x bitnami-wordpress-3.0.3-0-linux-installer.bin

インストール。

$ sudo ./bitnami-wordpress-3.0.3-0-linux-installer.bin

インストーラーが立ち上がり、ブログ名やID・パスワードを設定。
Hostnameは「172.0.0.1」に設定。
終了

$ exit  

約5分ほどでした。すばらしい。

参考にしたサイト(感謝)
超簡単&スピーディにローカル環境にPHP+MySQL 、WordPress構築を実現するBitNami
 
インストールされたのが英語版なので、日本語版リソース[ja.mo]をダウンロード。

インストール済みの WordPress 内の wp-content を探して、

/opt/wordpress-3.0.3-0/apps/wordpress/htdocs/wp-content/

以下に languages ディレクトリを作成
ダウンロードした[ja.mo]を languages ディレクトリにコピー
WordPress ルート直下の wp-config.php ファイルを開き、「WPLANG」の箇所を次のように設定

define (‘WPLANG’, ‘ja’);

日本語表示になりました。

追記:その後、シャットダウンした後、「http://127.0.0.1/wordpress/」でWordPressが開けなくなりました。がーん。  
調べたところ、BitNami WordPress Stack の apache を手動で起動しなければいけないらしい。
↓ここに情報あり(感謝)。
BitNami WordPress Stack の mysql と apache を自動起動する

wordpress-3.0.3-0」ディレクトリにある、「ctlscript.sh」を起動すれば良いそうで、端末から入力すると、 「http://127.0.0.1/wordpress/」でWordPressが開けました。

sudo /opt/wordpress-3.0.3-0/ctlscript.sh start

  また、crontabを編集することでUbuntu起動時に自動的に起動させるというのをやってみましたがダメ。

@reboot /opt/wordpress-3.0.3-0/ctlscript.sh start >/dev/null 2>&1

crontabとか知識不足で、ダメだとどうにもならず、とりあえず下記のスクリプトを書いて、実行可能にしました。

sudo /opt/wordpress-3.0.3-0/ctlscript.sh start

ちょっと面倒です。

Tags: ,

ローカルにWordPressセットアップ

7月 30th, 2009 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

メインマシンのハードディスクを入れ替えたので、再度Wordpressをローカルにインストールしました。

今回の環境 ===============
Ubuntu9.04(jaunty)
Apache/2.2.11
MySQL 5.0.75
PHP 5.2.6
phpMyAdmin 2.11.7
WordPress 2.8.2
======================
前回の記録を確認しながら、今度も「Synapticパッケージ・マネージャ」でインストール。
postfix
proftpd
apache2
php5
phpmyadmin
で検索して、スムーズに完了。

MySQLのインストールでパスワードを入力、phpMyAdminの自動的に再設定するサーバの選択で「apache2」を選択。後はよく分からないのでそのままデフォルトで進む。
ブラウザで「localhost」を確認すると、「It works!」ここまでOKです。

次に端末で「mysql」にログイン。
mysql -u root -p
(-p パスワード要求オプション)
これもOK。

create database データベース名;
でデータベースを作成。
これは「phpMyAdmin」の管理画面から作っても良いでしょう。

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO ‘ユーザー名’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘ルートパスワード’ WITH GRANT OPTION;

で、すべての権限付きユーザを作るところでコケました。うまくいきません。
とりあえず、最新のWordpressをダウンロード・解凍して、「var/www/」に全部コピー。

管理者権限でwp-config.phpを直接編集。
===================================
// ** MySQL settings ** //
define(‘DB_NAME’, ‘wordpress’); // データベース名
define(‘DB_USER’, ‘****’); // ユーザー名
define(‘DB_PASSWORD’, ‘***********’); // パスワード
===================================

「http://localhost/」にアクセスすると、設定画面が表示され、タイトルやE-mailを入力し、ユーザー名・パスワードが表示され、設定完了しました。

Tags: ,

メインマシンをUbuntuに!-WordPressをローカルに-

7月 31st, 2008 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

ホームページ製作にWordPressを加えることにし、ローカルにインストールしてみました。LAMP(Linux・Apache・MySQL・PHP)のインストールです。

= メモ ==================
Ubuntu 7.10 (Gutsy)インストール済み
Apache 2
MySQL 5.0.45
PHP 5
phpMyAdmin 2.11.7
WordPress 2.6
======================

まず、下記のサイトを参考に
WordPressをUbuntuに

「余裕を見ても15分あれば完了するだろう」とありましたが、それはおそらくMySQLなやPHPに慣れていて、Noトラブルの場合かと思われます。
バージョンが微妙に違うせいかところどころで結果が違い、やり直したりググったりしたので結局何が正しいのかは、今これを書きながら整理している次第。

sudo apt-get install apache2 php5-mysql libapache2-mod-php5 mysql-server

だけで良いはずが、何かが入らなかった(メモを取りきれなかった)。

そこで、ここも参考にやり直してみた。
Webサイト制作用のテスト環境作り(UbuntuにGuest AdditionsやAMPをインストール)

今度は「Synapticパッケージ・マネージャ」でインストール。
postfix
proftpd
apache2
php5
phpmyadmin

MySQLのインストールでパスワードを入力、phpMyAdminの自動的に再設定するサーバの選択で「apache2」を選択。後はよく分からないのでそのままデフォルトで進む。

確認で「hocalhost」ではページは表示されず、「localhost/apache2-default」で「It works!」が表示されました。ググったサイトでは「localhostで確認できるはずなんですが、よくわかりません。
でも、ちゃんとapache2は働いているようです。

==========================
MySQLのルートパスワードは

mysql -u root
とすると
mysql>
という表示に変わるので、
==========================

ということですが、これもうまくいかず、
「ERROR 1045(28000): Access denied for user ‘root’@’localhost'(using password:NO)

あちこちググって、

mysql -u root -p
(-p パスワード要求オプション)

でなら、パスワードを入力してログインできました。
rootのパスワード設定のタイミングが違ったみたい。
==========================

CREATE DATABASE データベース名;

でデータベースを作成し、

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO ‘ユーザー名’@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘ルートパスワード’ WITH GRANT OPTION;

これで、すべての権限を付与されたユーザーが生成される。

次にWordPressをダウンロードし、解凍して「wordpress」フォルダの中全部を、「/var/www」に移動。
その際、「/var/www」は権限がないと書き込みできないので、

「sudo nautilus」でNautilusを起動。
「wp-config」の設定をし、
「http://localhost/wp-admin/install.php」を開くとWordPressのインストールが始まり、メールアドレスとデータベース名を入力して、「次へ」をクリック。
と、そこで止まってしまいました。
一旦ブラウザを閉じて開き直すと、インストール済みの表示。
ええ?本当はこの後「admin」ユーザのパスワードが表示されるはずだったのです。
表示されないまま完了されては管理画面にログインできません。
パスワードを忘れた場合のメールも届きません。

またまたググってみました。
パスワードを忘れた場合の対処法がヒットしましたが、前のバージョンまでしかできないそうです。
これは一旦データベースを削除するしかない。

そこでphpMyAdminの管理画面へ、
「localhost/phpmyadmin」で「phpMyAdmin」の管理画面が開くはずが表示されません。
これは「/var/www」の中らしいので直に開いてみると、それらしきフォルダもファイルもありません。
いったいどこにインストールされたの?
わからないので直にダウンロードして展開し、「/var/www」に入れてやりました。

config.inc.phpの設定。

$cfg[‘Servers’][$i][‘controluser’] = ‘root’;
$cfg[‘Servers’][$i][‘controlpass’] = ”;

すると、エラー「設定ファイルが秘密のパスフレーズ(blowfish_secret)を必要とするようになりました」とのこと。

$cfg[‘blowfish_secret’] = ‘(何か入力)’;

↑これも加えるとログイン画面を開くことができ、設定したパスワードでログインできました。

そして、とりあえずデータベースを削除して、別名のデータベースを作成。
WordPressの「wp-config」に設定したデータベース名を訂正して、
再度WordPressのインストールを開始。
今度はちゃんとパスワードが表示されて、インストールは正常完了しました。

Tags: