【Ubuntu16.04】UbuntuからWindows10へWOLとリモートアクセス

9月 18th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

メインマシン(Ubuntu16.04)から、Windows10へWOL(Wake On Lan)設定をしたので覚書。
このパソコンはWindows7からWindows10にアップグレードしたパソコンです。
ルータ(ASUS RT-AC68U)に、Wake On Lan機能があります。

PC:富士通 FMV-DESKPOWER F/G70T(FMVFG70TB)
OS:Windows10 Home 32bit

クライアント側(Windows)の準備。

BIOS設定
起動時にF2を押してBIOS起動→「詳細」の「各種設定」で、「LANによるウェイクアップ」を「使用する」に設定。

bios

デバイスマネージャー設定
デバイスマネージャーの「ネットワークアダプタ―」項目で、有線LANのプロパティを開く
→「電源の管理」タブで、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェック。

MACアドレスを確認
このルータはネットワーク内の情報を管理しやすいです。

ルータからWOL
マックアドレスを指定して、「ウェイクアップ」をクリック。

wol

端末で確認

sudo ethtool eth0 | grep Wake-on
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g

「Wake-on: g」ならOK。

端末からWOL

sudo apt-get install wakeonlan

でソフト「wakeonlan」をインストール

wakeonlan xx:xx:xx:xx:xx:xx(MACアドレス)

WOLアプリは?

gWakeOnLan」をインストールしてみました。
MACアドレスがわからなくても、IPアドレスで検索されます。
IPアドレスは固定しました。
左のチェックボックスにチェックを入れて、「Turn On」。

wol

ここまでは、ネットワーク内からのWOL。

次は、ネットワーク外からのWOL。
このルータには、「AiCloud2.0」機能があり、「Smart Access」でネットワーク外からインターネット経由でパソコンにアクセスできます。
スマホアプリを使ってWOLとリモートアクセスができるわけです。

AiCloud

但し、このWindowsPCはWindows10 Homeなので、リモートデスクトップアプリは入っていますが、リモートを受けることはできません。
ネットワーク内なら、Chromeリモートデスクトップがあります。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする

Tags:

【Ubuntu16.04】複合機 brother MFC-J997DN 設定

9月 10th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

brother MFC-J997DN7年前に購入したCanon Pixus MX870、しばらくUbuntuで印刷が途中で止まる(ドライバ関係の?)トラブルが続き、次の候補としてPC-FAX機能のあるものを探していました。
迷惑FAXを印刷せずに見るだけで削除したい。
できればFAXを印刷せずにパソコンに取り込みたい。
WindowsよりもUbuntuやMacで使いたい。
パソコンFAXソフトで「まいと〜く」は昔からありますが、それだと今のパソコンには内蔵されなくなったモデムを接続し、Windowsパソコンを常時起動しておかなくてはいけません。
インターネットFAXサービスもありますが、送信のみだったり、月額料金制だったりします。
7年前は結構印刷量もありましたし、印刷品質にも多少拘りがありました。
結果、その前に購入したcanon MP610の方がカラー印刷や写真印刷はきれいで、故障しても中古で同じ製品を購入して、NASにUSB接続してネットワークプリンタとして継続使用しています。
比較検討したのはEPSONですが、今回、悩んだ末にインク交換前に決めた製品がこれ。

brother MFC-J997DN
ブラザーは昔のMymioでは使っていなくてもクリーニングでインクがどんどん消耗すると評判が悪かったのですが、ひさびさにネットで情報収集するとUbuntu用ドライバの提供もあるので導入してみました。
結論から言うと大成功です。

印刷・スキャン機能は、Ubuntu、Mac、Windowsで問題無し。
受信FAXはパネルで内容を確認することもでき、メールに添付して自動送信もでき、Dropboxに転送も可能です。
これで出先でもFAX受信を確認することが出来ます。
スマホでの操作も可能。特にiPhone・iPadではアプリをインストールしなくても印刷ができます。
PCファックスの受信はWindowsしか対応していないのですが、受信したFAXのメール転送やDropboxに転送できるなら問題ありません。
前の複合機より少しサイズは小さくなりました。
給紙、インク交換も前面からできて便利です。

Ubuntu用のドライバは、brotherのサポートサイトよりダウンロード。
端末か、Ubuntuソフトウェアでインストール。
ネットワークスキャナの登録は端末から

brsaneconfig4 -a name=SCANNER model=MFC-J997DN ip=192.168.0.xxx

 

Tags:

【Ubuntu16.04】Ubuntuバックアップでエラー

8月 5th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in トラブル

いつからかUbuntuバックアップにエラーが出ていました。

Ubuntuバックアップ

しばらく放置していましたが、ググってみたら対処法が見つかりました。
Deja Dupのエラーは直せる!(Ubuntu バックアップ)
Why can Déjà Dup not complete the backup of ./cache/dconf and .gvfs?
Deja-dup reports it couldn’t backup ~/.cache/dconf and ~/.gvfs even though it’s not supposed to try to (also, ~/.dbus)
本家が無くなると困るので覚書です。
端末で

sudo chown (ユーザー名) .cache/dconf .gvfs
sudo chgrp (ユーザー名) .cache/dconf .gvfs

これで直りました。
つまり所有グループと所有者の変更です。
ですが、「.cache」「.gvfs」はバックアップから除外した方が良い。
このエラー自体がUbuntu14.04あたりでのバグだったようですが、どうして今頃出てきたのかな・・・???

Tags:

LibreOffice Writerに均等割りが無かった

6月 25th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

意外ですがLibreOffice Writerには「均等割り」機能がありませんでした。
代替案を考えるに、

・透明の表を使う
・文字位置の間隔を広くする

ですかね。
LibreOffice

MS-WORDでは最初から普通にある機能ですが、LibreOfficeずっと使ってるのに気づかなかった。
つまり講習会でしか使わなかったってことか・・・。

Tags:

【Ubuntu16.04】信頼されていないパッケージのインストールが必要です

6月 2nd, 2017 by marumi | No Comments | Filed in トラブル

度々ソフトウェアの更新に失敗するので調べてみました。

ソフトウェアの更新

端末で更新してみる。

sudo apt-get update

ひとつはこんな情報

W: http://www.openprinting.org/download/printdriver/debian/dists/lsb3.2/Release.gpg: 鍵 F8897B6F00075648E248B7EC24CBF5474CFD1E2F による署名は弱い digest アルゴリズム (SHA1) を使用しています

Ubuntu 16.04 その59 – 鍵による署名は弱いdigestアルゴリズム (SHA1) を使用しています・SHA-2への移行

E: http://ftp.jp.debian.org/debian/dists/jessie/main/i18n/Translation-ja の取得に失敗しました BZ2_bzread: /var/lib/apt/lists/partial/ftp.jp.debian.org_debian_dists_jessie_main_i18n_Translation-ja.bz2 読み込みエラー (-5: DATA_ERROR_MAGIC)
E: いくつかのインデックスファイルのダウンロードに失敗しました。これらは無視されるか、古いものが代わりに使われます。

「Synapticパッケージマネージャ」ですべてアップグレードしてみました。

【UbuntuMATE16.04】RaspberryPi3にインストールしてみた

5月 12th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

RaspberryPi3にUbuntu MATEをインストールしてみました。
最初からSDカードの相性問題にはまり、買い直したSDカードでやり直しです。

SDカード:Silicon-power 16GB SP016GBSTH010V10SP)
ディスプレイ:Sharp Aquos LC-22P1

パソコンはWindows10、SDFormatterでSDカードをイレースフォーマットでフォーマット。
「WIN32DiskImager」でSDカードに「Ubuntu MATE 16.04.2 LTS」をインストール。

電源ON!

UbuntuMATE UbuntuMATE

見慣れた設定画面を進んで、インストールは完了。

UbuntuMATE

有線LANは自動で認識しましたが、WiFiがなかなか有効になりませんでした。
LANケーブルを外してみたり、再起動したりしているうちに有効になり、設定できました。

日本語の設定をすると、Mozcが有効になります。
フォルダ名は英語にしたいのでいつものように、

env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

今回はSDカードの容量が16GBなので、なるべくインストールをしないで、最低限のソフトのみ設定しました。
Synaptic、samba、shutter、gparted
ワークグループ名の変更をしたいのでsambaを編集。
viで開いたらコマンドが思い出せなかったので、nanoで開いてみた。

sudo nano /etc/samba/smb.conf

workgroup = workgroup

を編集して、

[Ctrl]+o 上書き保存
[Ctrl]+x nano終了

NASの接続もスムーズに完了。
ネットワークプリンターの設定も、NASに接続したUSBプリンターの設定も問題無し。
Bluetoothでスピーカーを接続してみましたが、なかなか検出しなくて10回くらいやってみてなんとか繋がりました。
なかなか楽しみなおもちゃです。

Tags:

【Ubuntu16.04】このバージョンの Chrome は現在サポートされていません

4月 1st, 2017 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

最近、Gmailを開くと、「このバージョンの Chrome は現在サポートされていません」と出るようになりました。
バージョンは52.0.2743.116(64-bit)。
そのうちアップグレードされるだろうと放置していましたが、Ubuntuのアップグレードがされているのに一向に消えないのでググってみました。
どうやら世界中で確認されているエラーらしい。
Chromeを上書きインストールしてもNG。
拡張機能を全部アップグレードしてもNG。

GoogleChrome

Ubuntuのアップグレード時にリポジトリが無効化されるのだそうです。
GoogleChrome 32bit Linuxサポート終了の影響との噂も・・・。
下記のサイトにお世話になりました。(感謝m(__)m)
【緊急性:高】UbuntuでGoogleChromeを利用している方は必ず確認してください。
Ubuntuでリポジトリのダウンロードに失敗するのを何とかする(Google Chromeが原因の場合)
Ubuntu 16.10でGoogle Chromeがアップデートされない件
Linux Mint(Ubuntu)でChromeのアップデートにエラーが出る
3rd Party Repository: Google Chrome

リポジトリが無効になっているので、手入力で最近のリポジトリを設定しました。

wget -q -O – https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub | sudo apt-key add –
sudo sh -c ‘echo “deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main” >> /etc/apt/sources.list.d/google.list’
sudo apt-get update

再起動してGoogleChromeを起動すると、バージョンアップできました。

GoogleChrome

Tags: ,

【Ubuntu16.04】ttf-mscorefonts-installerダウンロードに失敗

1月 29th, 2017 by marumi | No Comments | Filed in インストール・設定

最近起動する度に「ttf-mscorefonts-installerダウンロードに失敗」のエラーが出るようになりました。

アップデート情報

指示に従って「この操作を今すぐ実行する」をクリックしても出続けます。
ネットでググると結構あちこちで同様の症状があるようです。
マルチメディア系の設定をすると出るようになる場合があるとか、wineがらみでwinetricksでcorefontsをインストールすると出るとか・・・。
私の場合もそれらはあるのですが、エラーが出るようになったのはつい最近なので、ソフトウェアの更新で何か引っかかったのかもしれません。
最近やたら更新が多かったです。

↓ここから直接ダウンロードしてインストールして解決。
ttf-mscorefonts-installer_3.6_all.deb のダウンロードページ

下記のサイトにお世話になりました(感謝)。
Ubuntu 16.10 その84 – ttf-mscorefonts-installerのインストールに失敗する問題
ttf-mscorefonts-installer関連のエラーへの対処

【Ubuntu16.04】Fujitsu ScanSnap S1500Mで自炊

1月 3rd, 2017 by marumi | No Comments | Filed in 周辺機器

SnapScan書物や文書のデジタル化をすべく自炊を始めましたが、Ubuntuでもできたらいいなと思い、試してみました。
機器は富士通の「ScanSnap S1500M」、ソフトは「xsane」。
今回お世話になったサイト(感謝!)。
UbuntuでScanSnap S1500を使う

まず、ScanSnapをPCにUSB接続。
端末から

#lsusb
Bus 003 Device 006: ID 04c5:11a2 Fujitsu, Ltd

↑これを確認。

#scanimage -L
device `fujitsu:ScanSnap S1500:603280′ is a FUJITSU ScanSnap S1500 scanner

↑これを確認。
Ubuntu Softwareから「XSane Image scanning program」をインストール及び起動。
まず、試しスキャンしてビューアでサイズと解像度を確認、修正。
snapscan
上から、
スキャン枚数:両面なので[2]
スキャン後の動作:複数枚まとめるので[Multipage]
scansource:両面スキャンなので、[ADF両面]
scanmode:[カラー]
source medium type:[フルカラーレンジ]
スキャナの解像度:好みで調整
ガンマ値:そのまま
明度:そのまま
コントラスト:そのまま

これでスキャンすると、xsane multipage projectで指定したフォルダに画像が保存され、[Save multipage file]で複数ページのPDFファイルが作成される。

sane

かなりよくできていると思います。
ただ、テキスト検索の認識に関する設定が見つかりませんでした。

 

Tags:

【Ubuntu16.04】動画編集してみました

12月 24th, 2016 by marumi | No Comments | Filed in ソフトウェア

友達のお店がラジオの番組で紹介されたので、録音して画像をつけて動画作成してみました。
ネットでググッて良さそうだったのが「OpenShot」というフリーソフト。
簡単すぎて解説に困ります。
見るだけでわかるでしょ?(笑)

OpenShot

しかも、Ubuntuだけでなく、Windows、Macにも対応しており、日本語サポートしています。
ただ、画像をインポートする際にネットワークドライブからだとソフトが強制終了してしまいました。

Tags: