【Ubuntu16.04】WebGLがブロックされました

2018年4月28日 | からmarumi | ファイル: ソフトウェア.

GoogleChromeを開くと、時々「WebGLがブロックされました」と出るようになりました。
UbuntuのChromeのバージョン: 66.0.3359.117(Official Build) (64 ビット)
MacのChromeのバージョン: 66.0.3359.139(Official Build) (64 ビット)
Ubuntuだけでなく、Macでも出るので、Chrome側の設定で調整しました。

chrome://flags

「Hardware-accelerated video decode」をDisenabledに変更すると出なくなりました。
でも、再起動後Enabledに戻しても大丈夫みたいです。
ちょっと様子を見ることにします。
WebGL(Web Graphics Library)は3Dコンテンツを表示させる仕様で、結構楽しいので、できれば有効にしたいです。

参考:WebGLのライブラリ(https://threejs.org/

 


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA